読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook AirのディスクをCase-sensitiveにして大文字小文字のファイルを作れるようにする

MacBook Airを買ってから2年経ったのでこの前新たにMacBook Airを買いました。
で、会社でも家でもCase-sensitive問題で頭を抱えた経験があるので今回は最初からCase-sensitiveでインストールしました。

流れ

1. commandキーとRキーを押しながら再起動

2. 無線LANが繋がってることを確認する

3. Disk Utility を選択して、Eraseを選択。元のフォーマットはこんな感じでただのジャーナルが選ばれてる

4. Case-sensitiveを選んで消去

5. OS Xの再インストールを選ぶと「ダウンロードするよ!自動的に再起動するよ!」となるのでひたすら待つ(ウチのWiMAXがホント遅いせいで長時間がかかったけど普通は2時間くらい)

6. これで大文字ファイルと小文字ファイルが区別される

% touch test
% touch Test
% ls
Test test

おまけ. brew doctorするとこんなWarningが出ますが問題なく使えています(このWarningわかりやすくていいですね)

% brew doctor 
Warning: Your file-system on / appears to be CaSe SeNsItIvE.
Homebrew is less tested with that - don't worry but please report issues.


APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3"/4GB/128GB MD760J/A